国内レンタルサーバー比較

最近WPBlogも混んできたのでしょうか。レスポンスが悪くなってきたような気がします。もちろん、軽いときには軽いのですが、激重の時がたまにあるようになった気がします。ということで、激安系の国内レンタルサーバーを借りてWordPressのブログを作成するなら!?とちょこっと比較してみました。

プロバイダ 名称 PHP MySQL HDD 初期費 月額 SSH WebDAV
Netowl minibird 5個 50GB 0 250 × ×
Firebird 10個 100GB 0 500 × ×
Webcrow Plus 1個 10GB 0 126 × ×
WPblog Premium 1個 10GB 1,500 300 × ×
さくら ライト × 10GB 1,029 129 × ×
スタンダード 20個 100GB 1,029 515 ×
プレミアム 50個 200GB 1,029 1,543 ×
GMO コロリポ × 10GB 1,500 100 ×
ロリポ 1個 50GB 1,500 250 ×
チカッパ 30個 120GB 1,500 500
エックス
サーバー
X10 30個 200GB 3,000 1,000 ×
X20 50個 300GB 3,000 2,000 ×
X30 50個 400GB 3,000 4,000 ×

2014-06-14現在
※さくらのレンタルサーバーは、税込み、その他は税抜価格です。

こうしてみると、これまで広告が大きいとか色々と文句を言ってきたWebcrowが一番安価だったりします。
初期費用もなしで、月額126(税抜)と格安で、HDD容量は、10GBと最低限を維持しているのではないでしょうか。HDD容量は、minibirdのコスパが最良でしょうか。もう少し容量が欲しい向きには、FireBirdか、エックスサーバーのX10プランあたりが、充実しています。エックスサーバーは200GB超えでは群を抜いて格安であることが分かります。SSH接続もできて、この価格帯なら、悪くない選択と言えるでしょう。但し、絶対値的に高いので、WPblogの後継サーバーとしては、適さないかもしれません。手頃なのは、Webcrowでしょうか。
個人的には、PHPが使え、SSH接続が出来るのがあればいいのになあと思います。SSH接続は出来ませんが、PHPが使え容量も10GBでお得なコロリポあたりは、ちょっと興味がありますが、これも流石に初期費用無料というのは無理みたいですね。(過去に割り引いていたような気もしますが)
というわけで、今回の比較では、Webcrow Plusあたりが最も安価という結果になりました。