Monthly Archives: 5月 2014

WordPressプラグインで快適WPblog

WPblogの基本機能として、MySQLデータベースのメンテナンス機能が存在しないので、MyISAMなデータベースを使っているので、長い間使うとゴミが溜まってくる。ここは、データベースの最適化などを実施したいのだが、WPblogのコンパネからは、そのような操作ができない。データベースの再構築も、データベースの初期化が行われるのは、WPblogでいうところのアプリケーションの削除操作の時のみだ。
今回は、このMySQLデータベースの最適化をWordPressのPluginでやってしまおうというもの。

とりあえず準備するのは、以下のプラグインのみ2014-05-29_112404プラグインの新規追加から、Optimize Databaseで検索してプラグインを導入する。
このプラグインの特長は、WprdPressの下書きファイルや、自動保存したレビジョンファイル、ゴミ箱の中身を削除して、データベースの整理ができる。WPblogのように、データベースの使用量に制約がある場合には、データベースのコンパクト化ができるので、至極ありがたい。導入当初のスクリーンショットを撮り忘れてしまったが、確か600KBは小さくなっていた。アドミニストレータ画面にワンクリック・オプティマイズというメニューを表示させることも可能で、任意に好きなときにオプティマイズができる。2014-05-29_112653ワンクリックを実施すると、自動的にオプティマイズされ、レポートが表示される。2014-05-29_112835データベースのトータルサイズもわかるので、あとどのくらいの利用が出来るのかを確かめながら、運用することが出来て便利である。上記の例では、たった1MB余りなので、WPblogの制約条件である100MBに対して、まだまだ相当量使えることになる。最終行のTOTAL SAVINGS SINCE THE FIRST RUN 635.207KBとあるので、導入以前から比べて、これだけ小さくなったよという意味。同時にLogファイルへの出力も可能で上記の内容を一覧表示させることが出来る。
また、WPCronを使ったスケジューリングも可能。2014-05-29_112510上記の例は、1周間に一度3:00分に実行する例。
データベースのオプティマイズを実施すると、WordPressがサクッと動作するような効果があり、DBCacheなどとの併用で更に高速化が期待できる。

この他、他の記事でも述べてきた以下のプラグインを導入しておけば、WordPressのメンテナンスに関しては、ほぼ完璧に近い状態で運用することができるようになる。

導入しておきたいプラグイン

  1. BackWPup(WordPressのフルバックアップ)
  2. WP Filemanager(wp-content/よりも上層のファイルへのアクセス)
  3. Optimize Database(今回)

細かいところは他にもあるのだが、以上3つを入れておけば、WPblogを快適に使いこなせる。
制約がある環境下でも、このようなプラグインを使いつつ快適に使いたいと考えるユーザーは、導入してみたらいかがだろう。

何がRadikoロケフリだ!

RADIKOロケフリってなんだ!

これまで、地方では都市部のラジコが聞けないのね。ということで、いろんな工夫をして都市部のRadikoを聴いていたひとも多いと思うのだが、なんと、正式に、ロケフリ(エリアフリー)2014-05-23_125540てなわけで、お金さえ出せば、聴けるよーというんだけど、それはそれで素晴らしいサービスなんだと思うけど、問題は、地域判定の不正確さ。もちろん、パソコンなどには、GPSがついてないことが多いので、ネットワークロケーションから、地域を判定するしか無い。

しか~し、スマートフォンの場合、GPSが内蔵されているので、地域情報は、ある程度というか、バッチリ認識できてしまう。GPSをONにしなくても、RADIKOの地域判定は機能していて、GPSをONにして、都心部で一回RADIKOを視聴しておくと、その後、GPSをOFFにしておけば、しばらくの間は、地方部に移動しても、都市部のRadikoを聴く事ができる。

どうも、ここらへんのメカニズムがわからない。使われていない筈のGPS情報を読み取っているとしか思えない。例えば、GPS非搭載のタブレットで、都市部のプロキシ経由でRadikoが聴けるのに、GPS搭載のスマートフォンでは、GPSのON OFFにかかわらず、判定が地方になる。もちろん、SIMなんかも入れてないスマートフォンでも同じ。

利益のためとはいえ、GPS情報の勝手な取得、それも不正確な情報を拾うのはやめたほしい。ユーザーが、GPSをOFFにしているのだから、ネット経由で地域判定をすべきではないのか!!
また、公共放送はCMで成り立っているので、CMも流した上に、有料でロケフリになっても、ちっともありがたくはない。どなってんだろ。

悔しいから、当面は、プレミアムなんかには糸色 イ本 加入しない。

バカクサ~

でもね、たまーに条件が良ければ、GPS Lockerというアプリ  こいつをインストールすれば、聴くことが出来る場合もあるんだよね。
まあ、そんなことしなくても、Radikaというアプリがあるので、これを入れれば聴けるけど、やはり純正アプリで、聴きたいからね。思うけど、350円は高いだろうね。これが成り立つなら、ロケフリTVあたりも初めよーよって考えちゃうよねー。しかし、デジタル著作権うんたらで、地デジになっても便利な事ないしね。