PHP APPS 復旧方法(完全版)

PHP APPSのWordPressが真っ白になった時の対処方法

通常は問題ないのですが、いざというとき、どうしようもなくなった時の対処方法です。
前回、FTPでのアクセスが、wp-contentの配下以外に見えないので、.htaccessや、wp-config.phpを直接編集する方法は、FTP接続では不可能ということで、改めて、まとめ直しました。

先ずは、慌てずに、データのバックアップから実施していきます。

バックアップの取得

  • PHP APPSのコンパネから、FTP機能をONに設定します。
  • ONにしたら適当なFTPクライアントソフトから、FTP接続します。
  • 見えているファイルやディレクトリーは、/wp-contentになっています。
  • まずは、見えているファイルをディレクトリーも含めて、自分のパソコンにコピーします。

MySQLデータベースのバックアップの取得

  • PHP APPSのコンパネから、MySQLデータベースのバックアップを選択して、**.sqlファイルを取得します。
    例えば自分のID名が、fooならば、foo.wordpress.year-month-day.sqlという名前のsqlファイルが取得できると思います。

以上で、wp-contentの中身と、**.sqlというファイルが取得出来ましたので、バックアップすべきものは、これで終わりです。

これからは、怪しいと思われるpluginを退避させていきます。
WordPressのディレクトリ構造は、自分のwordpressがインストールされているディレクトリの中に、wp-admin,wp-content,wp-includeというディレクトリがあるのですが、FTP接続で見えているファイルは、wp-contentというディレクトリの中身です。必要なのは、以下です。

  • themes
    このディレクトリの中に、テーマが入っています。
  • plugins
    このディレクトリの中に、プラグインが格納されていて、WordPressは、このディレクトリに入っているプラグインを自動的に読みこむようになっています。
    消しておけば、プラグインは機能しなくなります。
  • uploads
    これまでに自分がアップしたメディアファイルが格納されています。

プラグインの退避方法は、pluginsというディレクトリの中に、プラグインの名前の着いたディレクトリがありますので、そのディレクトリをpluginディレクトリの上位ディレクトリである、wp-contentへとりあえず移動して退避させます。
FTP上では、pluginsというディレクトリから、ルートディレクトリに移動するイメージです。
次に、退避させたら、自分のURLでアクセスして、動作を確かめていきます。
動作が正常になれば、目的のプラグインが何かわかります。
目的のプラグインが特定できたら、そのプラグイン以外のプラグインを、また、元のpluginsの中に戻します。
たいていは、これで修復可能です。

==== ここまで ====
==== 以下は、重症な場合の対処方法 ====

以上で修復が出来る場合と全くダメな場合が有るのですが、以下は、全くダメだった時の方法です。
PHP APPSはよくできていますので、通常の再インストールよりも、比較的簡単に設定出来ます。

PHP APPSの初期化手順

PHP APPSの初期化手順は、3通りあります。

  1. アプリケーションの初期化(データベース初期化なし)
  2. アプリケーションの初期化(データベース初期化あり)
  3. アプリケーションの削除

以上の中より、重症度にあわせて、選択しつつ、アプリケーションの再インストールを行います。
通常の場合には、1.のアプリケーションの初期化(データベース初期化なし)を選んで、初期化するとデータベースを残したまま、WordPressのみが、初期化されます。
実際の動作としては、WordPressがインストールされているディレクトリの中身を全て消去し、新しいWordPressdで置き換える動作をしているようです。但し、通常のWordPressの再インストールとは異なり、全自動で、WordPressの初期化を行なってくれるので、データベースへの関連付けまでは、全て実施した後にWordPressのダッシュボードへのログインが可能な状態までインストールをした状態まで完了しています。

初期化が完了すると、ダッシュボードへアクセスするためのパスワードが表示されますので、それをメモっておきます。

※重症度にあわせて、データベースの初期化なども試さなくてはならない場合もなくはないのですが、概ねの場合、データベースの初期化までを実施しなくても、良いでしょう。

バックアップファイルの書き戻し(リストア)手順

ここまでの状態で、WordPressが初期化され、アクセスまでは可能になっているのですが、これまで存在した自分のテーマと、プラグイン、uploadsの中身は初期状態のままなので、これまで使用していたテーマや、uploadsの中身の全てをFTP接続によって書き戻します。

  • FTPでログインします。
  • ルートディレクトリに見えている以下のディレクトリーを上書きします。
    1) themes
    2) uploads
    3) plugins
    プラグインは、安全のため、先ずは、pluginsの中に書き込まず、ルートディレクトリである、wp-contentにアップロードしておきます。

ここまでの操作が完了したら、自分のURLへアクセスして、WordPressへログインします。
ユーザー名は、自分のIDでパスワードは、初期化の時点でメモったパスワードを入力します。

無事にログインが出来たら、修復は完了です。
あとは、必要に応じて、プラグインをpluginsの中に戻しながら、動作を確認していきます。
全ての確認が出来たら、CacheをONにして作業終了です。

また、このままだと、FTP機能がONになっていますので、PHP APPSのコンパネから、FTPをOFFにしておきます。
キャッシュが残っているうちは、広告が表示されますが、しばらくすると、広告が表示されなくなります。