PHP APPSで幸せになれる方法

PHP APPSの初期設定では以下のプラグインが最初から入っているが、どうも、これが問題らしい。

  • DB Cache Reloaded Fix
  • WP Super Cache
  • Phpapps Accelerator → 削除不可(無理やり削除しても動くっぽいが・・)
  • Phpapps Abs → 削除不可(広告表示用のプラグイン)

と、この4つがWordPressの標準インストールと異なっている。

色々と試した結果、現時点では、この初期状態では、ページの更新ができなくなる現象がある。
僕が作成したPHP APPSのページでは、2つとも更新に不具合があった。

で、現在安定してる方法で、たぶん幸せになれる設定は以下

  • WP Super Cache停止後、削除する
  • WP Quick Cacheのインストールと有効化
  • パーマリンクを使う場合は、初回のログイン時に全てを済ませておく
    Word Press全般に言えることですが、パーマリンクの設定は、記事を書く前に全部やっておくと吉

以上、3点のみです。
この設定を反映させて、5分間~15分間放置しておけば、正常に動作するようになります。
DB Cache Reloaded Fixはお好みですが、これが居ても、不都合は無さそうです。

とりあえず、WP Super Cacheを停止&削除で安定します。
WP Super Cacheを使いたい場合は、今のところ、WP Super Casheの微調整が必要と思いますが、面倒なのでやってません。

※追記)
Client Side Cacheのリセット要求に問題がある可能性が出てきました。
同じページを隣のコンピュータからアクセスすると、ページが更新されないまま残っているということがあるようです。
やはり、Phpapps Accelerator周辺が何かしらバグってるのかもしれません。
上記の設定で殆どの場合はうまく行くのですが、まだ、完全では無さそうです。

※追記)
問題のあったWP Super Cacheですが、phpappsの初期構成では、パーマリンクがDefaultのまま提供されているため、WP Super Cacheが正常に動作できていなかったみたい。
改めて、WP Super Cacheをインストールすると、パーマリンクの方法を明示的に変更しないと動作しない旨のメッセージが出てくる。
と言うわけで、WP Super Cacheの使い方の問題でした。
WP Super Cacheを一旦OFFにして、パーマリンクをDefaultから異なる方法に変更した後、再び、WP Super CacheをONにすれば、正常に動作するようになります。
速度は、WP Super Cacheの方が、Quick Cacheよりも速いですから、一度ためしてみると良いかもしれません。

1 Comments.

  1. Phpapps Accelerator がバージョンアップ? | Fenix - pingback on 2012年12月13日 at 11:56 AM

Trackbacks and Pingbacks: